忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

連載:キュウビの話おしまい

キュウビの話その1その2その3その4

=======================

頭に乗っているキュウビはそのまま
歩きやすかった山道を離れて道なき道を進んで行く。

――いや、入ってみて初めてわかったけれども
ここには道のようなものがあった。
なんだか木が道のようによけているというか
導いているというのか……
注意して見ると木が柱廊のように連なっているように見える。

山道に比べて下草が多いものの
地表に出ている根も少なくて、こっちはこっちで歩きやすく、
キュウビの道案内がなくても行くべき方向はなんとなくわかるのだった。
もともと道になってた場所かもしれない。

落ち葉を踏みしめながら木に習って進んで行く
頭上からの注意が無いので正しい道なのだろう。
キュウビは観月と違う、俺の頭の上でもうまいこと乗っていた。

そうしてしばらく歩くと――
木の回廊の終わり。
どうやら目的地に到着したようだった。
「行きたかった場所って、ここ?」
「コン!」

そこにあったのは古びた社だった。
俺の身長よりは小さな社で、たまに庭とかに見かける社よりも少し大きなものだろうか。
周りを見回しても鳥居やそういったものは何も無かったけれど
放置されたという風ではなかった。

俺がそうして観察をしていると、
キュウビが俺の頭の上からぴょん飛んで地面に降り、
社の前に駆け寄ってこっちを振り向いた。
近くに寄ると、キュウビは社を見上げて示すように一つ鳴く。
「うん?」
社の表には両開きの扉があり、ちょうどその真ん中には
何やら難しい字と図が描かれた御札が貼られていた。
キュウビはそれを指しているようで
もしかして――

「これを剥がせって?」
「コン」
キュウビはそれを触れない様だった。
なるほど、だから俺の助けが必要で――
ということはキュウビはこの中に用があるってことらしい。
だけど……

「ねえキュウビ、これ剥がした瞬間に大変な事にならない?」
「ココン!」
大丈夫!と言いたげに胸を張っている。
「う、ううむ……
専門的な知識はさっぱりだけど、御札ってことは何かを封印する目的なわけで――
観月は前に日記で、
「兄じゃのオーラはめったな大物以外は遠ざける効果があるようじゃ」
と言っていたけれど
封印されてるってことは、つまりそのめったな大物の可能性が高いわけで。
すごく、やばい気がする。

「ええと……
「?」
キュウビのほうをちらりと見ると、どうしたの?という風に首をかしげられた。
そんな目をされるとすごく困る。
社自体は怪しげな雰囲気ではないのだけど……

……よし!」
迷って、協力することに決めた。
結局のところ、キュウビに対する信頼だった。
いつものキュウビを見ていてそう思った。
キュウビが観月に悪いことをするわけがないのだ。

御札は再利用のために、できるだけに丁寧に剥がしていく。
あとちょっとのところで一旦止めて、深呼吸。
「ええいっ!」
最後だけ御札を勢い良く剥がす。
と同時に扉の前から飛んで離れる。
さらにはすぐ貼り直せるように走る姿勢を取っておく。

…………
――何も、起こらない?
急に扉が開くとか、急に風が吹くとか、急に天気が暗くなるとか――
そんな事は起こらなかった。
ひとまずほっと胸をなで下ろす。
何のための御札だったのだろう?

「ココン、キューン」
キュウビはびびっている俺の横でそう言うと
社の中に消えるように入っていった。
初めて見たので驚いてしまう。
ある程度の壁とかは透けて通れるのだろうか?
そういえば、今朝はあれで俺の部屋に入ってきたのかもしれない。

すぐにキュウビは帰ってきた。
帰りは扉を頭で押し開けて社の中から出てきた。
なんですり抜けてこないんだろう――と思ったのだけど、
出てきたキュウビは口に箱をくわえていたのだった。

そのままキュウビは足元まで駆け寄ってくると、俺にその箱を渡した。
木製の綺麗な絵で彩られた長方形の漆塗りの箱で
朱色の細い紐で結わえられている。
そして少し拍子抜けするほど軽い。
中を見るようなことはしないけど――
何かが入っているような重さじゃなかった。
ということは、この箱自体がプレゼントなのだろう。
たしかに観月が好きそうだ。
キュウビもなかなか粋な贈り物をする。
これをここに取りに来たのか――

「これで大丈夫?」
「キュウンv」
社の扉に御札を貼り直しながらキュウビに聞く。
帰るときになって、キュウビはまた俺の頭の上に居場所を移していた。
キュウビは目的を達成出来てちゃんとお祝い出来るのがとても嬉しそうだった。
観月の喜ぶ様子を見ているのかもしれない。
その様子は、とても可愛らしかった。
こういうのはキュウビにとって初めてなのかもしれない。
だとしたら、キュウビのドキドキな気持ちは少しだけわかる。
「プレゼントはする方がしあわせ――」
やっぱり、キュウビもウチの家族だった。
頭の上なのでもうちょっとだけ落ち着いてくれるとやりやすいのだけど。

しっかり貼って少し離れて社を見てみる。
「よし!」
これで元通り、元通りであってください。
なんとなく一度お辞儀をしてからその場所を離れる。
キュウビはくっついてて落ちなかった。
さて、ひとまず元の道に戻ろう。


――それから
それから山道に戻って、無事に下って、家に帰って、キュウビと別れた。
その後観月とキュウビがどうなったのかは知らない。

キュウビは内緒で俺のところに来たのだから
当然、俺が関係していたことまで内緒にしないと意味がない。
プレゼントを調達するところまでがキュウビのお願い。
そこまでだから、その先まで首をつっこむのは要らぬおせっかいだ。
野暮ってものだろう。

でも、観月はとても喜んだみたいだった。

なんでわかるのか?

――それは
それは観月が――


「フフv実はの兄じゃ――
とっておきのヒミツをこっそり伝えることがおかしくて仕方ないように

「キュウビからの、誕生日プレゼントを貰ったのじゃ!」
そして、とてもとても嬉しそうに
俺にそのことを教えてくれたからだ。

「「誕生日、おめでとう!」」



(終)


拍手

PR

連載:キュウビの話その4

観月誕生日おめでとう!
大好き!
キュウビの話その1その2その3

=======================

裏山はその名のとおりに家の裏手にある山のこと。
四季を通して様々な表情を家の窓から見ることができる。
そんなに高い山ではなくて、良い遊び場な、気軽に行ってこれるような身近な感じの山だと思う。
姉の一人は遭難していたのだけど。(本人は認めていない)

――さくさく
――さくさく

そんな裏山の落ち葉を踏みしめる音が二人分。
正しくは一人と一匹。
ひとつは自分。
もうひとつはキュウビ。
二人並んで裏山の山道を登っているのだった。


あのキュウビが部屋にやってきてお願いされた日の続き――
果たしてキュウビの目的がわかったのだけど。
自分の言いたかった事がやっと伝わって喜び勇んだのか
キュウビは座ったままの俺の服の裾を噛んでひっぱり、裏山に出発しよう急かしたのだった。
「フゥン!」
「ちょ、ちょっと待てってキュウビ」
キュウビに協力したいのは山々だけど……
今からはちょっと厳しいと思う、その目的完遂にどの程度時間がかかるか分からないから。
山の中で日が暮れてしまったら、いくらキュウビと一緒だからと言っても目も当てられなくなってしまう。
みんなを心配させてしまうし――霙姉さんには笑われてしまうだろう。
「フフ――オマエはやっぱり、私の可愛い弟だな?」
ああ幻聴が聞こえるような気が

だから、ぐいぐい引っ張っているキュウビの頭をなだめるようにひとつ撫でて、
今すぐは無理な理由の説明と明日ちゃんと一緒に行く約束をする。
――だから明日にして欲しいな?」
……クゥン」
くわえていた裾をそっと離す。
キュウビはわかってくれたみたいだ、良かった。
「じゃあ約束」
「コン!」
キュウビの小さな前足を持って握手のようにする。
ゆびきりげんまんの真似事だ。
裏山に何を取りに行くのか聞いてみたかったのだけど
はい・いいえ方式ではどうしようなくて
気になるけれども前向きに、翌日の楽しみにすることにした。


その翌日の朝――
……ュウン……!」
「んん……Zzz」
ベッドに寝ている俺の胸の上でトントンと何か飛び跳ねているような気がする。
声も聞こえるような気がする。
でも眠い――
天秤にかけられて、即決で睡魔が勝った。
欲に正しく覚醒しかけた意識を再び夢のなかに戻そうとしたら。
……コォン!」
「ごふ、あれキュウビ?」
文字通りたたき起こされた。
顔に肉球パンチ。

「あ、ええとおはようキュウビ?」
「コン!」
体を起こそうとすると、キュウビは胸の上から飛び降りて元気に挨拶する。
一つ伸びをして、時計を見ると朝――まだみんな寝ている時間だった。
これはまた気の早い……
いや、それだけ張り切っている様子で
キュウビを見るとその瞳は力強く、体全体からやる気がみなぎっている。
昨日からの分が蓄積されているようだ。
だけれども
「あのさ、朝ごはん食べてからにしない?」
こう寒いのに、追加エネルギー無しで朝から山を登るのはちょっと酷な話だった。
「ココォン!」
「ごふぅ」

そんなこんなで朝食を食べた後、ちっちゃい子たちに見つからないようにこっそり家を抜け出て――
キュウビと裏山を登っているのである。

――さくさく
――さくさく

寒い。
さすがに寒い。
吐く息は白く、ふわりと一瞬漂ってすぐかき消える。
山の斜面を駆ける北風が容赦なく体温を奪ってつらい。
厚着はしてきたものの、体自体があったまっていないのだ。
隣を歩くキュウビは自前の毛皮のおかげか
寒さを気にしてない様子で、前を見つめて歩いている。
ふくふくとしたその毛皮がすこしばかり、いやかなり羨ましく見える。
あったかそうだなぁ……

「ねえキュウビ」
「?」
てくてく歩きながら顔だけこっちに向ける。
「どのあたりまで登るんだ?」
「クゥキュウン!」
「わぁ!?」
ちょっと考えるようにしたあと、ふいにぴょんと飛んで俺の頭をめがけてジャンプする。
いきなり過ぎてすごく心臓に悪い、反射で防御の姿勢を取ってしまった。
(それなのにちゃんと頭に着地したキュウビはさすがだ)

俺の頭の上にキュウビ――いつもの観月と同じ格好になる。
乗ると言うよりは掴まっているような感じ
頭の上がもふもふと暖かくて、むずむずとちょっと気になるけれども
キュウビに認められたような気がしてなんだか気持ちが良い。
なんとなく自分の頭を撫でるように、頭に乗ったキュウビの背中を撫でてみる。
うん、なんかこれは、良いぞ!

そんなことを堪能していると、キュウビが頭に乗ったまま額をぺしぺしと叩く。
びっくりした時から足を止めたままだった。
「ああ、うん」
上に向かって足を動かそうとしたのだが
「ココン!」
キュウビはそれを止めたのだ。
「え?こっちじゃないの?」
どうやら登る道ではない様子。
といっても来た道は一本道で、分岐している場所は無かった。
ということは……

ぐるりとその場でゆっくり回転してキュウビソナー
ある一方を向いたときに、キュウビは元気よく「コン!」と鳴いた。
そこは山道から90度。
よく見ると人が通れる道があるようなそうでないような――
山の茂みに入っていく、まさに獣道だった。
頭に乗ったのは、そういうこと?
「マジですか?」
「キュウン」


(続く)


拍手

連載:キュウビの話その3

キュウビの話その1その2

=======================

キュウビは入ってすぐの場所で足を止めていた。
初めて入る部屋にキョロキョロと不思議そうに首を巡らせて、
部屋の匂いを嗅いで確認しているようだった。
慣れない場所だからだろうか、だとしたなら俺としてはキュウビが満足してくれるまでどうしようも出来ない。
とりあえず、ベッドの横の開けた床スペースに腰をおろして待つことにする。

待っている間キュウビはベットに飛び乗ってふとんに潜り込んだり、
とことこと歩いてはクンクンと匂いを嗅ぎ、またとことこと違うところへ。
ひとしきり確認をした後、キュウビは最終的に俺の前にちょこんと再び座ったのだった。
……もう大丈夫なのかな?

「それで――キュウビは俺に何か用?」
と、聞いたところで、こうして真面目にキュウビに話しかけている自分が実に不思議でおかしいものに思えた。
キュウビは、こういう言い方はあれだが、ペットのようなものだ。
もっと雑然に扱われても仕方の無い存在ではある。
ドアの前にいたときに締め出すと言う選択肢や、
キュウビが落ち着くまで待つということをわざわざしてやる必要はなかった。

しかし俺はキュウビに対してそんなことはしないし、したくなかった。
俺は少なからず――自分と同じ人に対して持つような敬意と親愛を、キュウビに抱いてた。
ペットと言いたくないのもそのせいなのだろう。
この小さなキツネを、当然のように家族と思っているのだった。
今更気づいたこの事実に少し苦笑をしてしまう。
突如顔を歪ませた相手を見てキュウビには不審に思えたことだろう。

と同時に。ふと疑問が湧き上がる。
キュウビは俺の言う事を理解できるのだろうか?
少なくとも、観月の言うことは理解出来ている様子だったけど……

「クゥン
様子を伺っているとキュウビが鳴き声を発した。
これは……語りだしたのだと思う。
どうやら言葉も通じているようだった。

「ココン、キューンキュウン、クワァウ?」
「うんうん」
「コンコン、コココン」
「なるほど」
「キューン、キュウン?」
「ははは、なに言ってるのか全然分かんないや」
「ココーン!」
「わ、ごめんごめん、ね?」
こういう時のお約束だ。
しかし当然の話だった、逆もまた然りとはいかないものだった。
「しょうがない……観月に通訳してもらうしかないか」
「!コォン!!」
俺がそう言って腰を浮かすやいなや、キュウビはドアの前に回り込んで威嚇するポーズを取ったのだった。
「あ、あの?」
毛を逆立てるまでとはいかないものの、首を振ってイヤイヤしている。
この反応は――
「観月には……ナイショってこと?」
「コン!」
今度は縦に首を振る。
なるほど、こういうふうに確認していけばいいのか。

こうして試行錯誤すること数十分。
ついにキュウビの目的を知ることが出来た。
――つまり、『観月の誕生日をお祝いしたいから、プレゼントを取ってくるのに協力して欲しい』ということ?」
「キュウーンv」
キュウビは飛び上がらんばかりの喜びようだった。
やっと答えが出た、長かったふぅと一息。
「それで、どこに取りに行くんだ?」
つい、はいかいいえで答えられない質問をしてしまった。
あわてて言い直そうとするとキュウビは――
「コーン」
つい、と部屋のある方向を向いた。
そっちは確か――
……裏山?」
「コン」
キュウビはやっぱり、首を縦に振ったのだった。

(続く)

拍手

連載:キュウビの話その2

キュウビの話その1

=======================

キュウビ――
キュウビは観月の守護霊(観月がそう言っていた)のちいさな子狐だ。
体の毛の色は水色で、鼻先を除いてしっぽの先や足先、耳の先がシャム猫のように黒くなっている。
そして特徴的なのは、その名の通りに立派な九本のふんわりとしたしっぽを持っていることだ。
もふもふと体の後ろに広がっているので、しっぽの方が本体にも見えてしまうくらいだった。

そう、キュウビは狐霊――九尾の狐である。
前に一度気になって調べたことがあるのだが、狐霊には大きく分けて二種類がいるらしい。
曰く
野良の狐・野狐。
善良な狐・善狐。
例外はあるが、往々にして野狐が人に害を為し、善狐が人に益する。
妖狐は野狐のみを指す言葉のようだ。

九尾と聞くと、有名な玉藻前や白面金毛九尾の狐を思い浮かべる人も多いだろう。
自分もその人間だったのだけど。
そのせいで九尾=悪なイメージが強い。
だが、善狐でもしっぽが九本なら九尾の狐と言うとのことだ。

たぶんキュウビは善狐で九尾、後者だろう。
いつもの観月とキュウビの関係を見ているとそう思える。
観月とキュウビはとても仲良しだった。
キュウビが悪さをしていることなんて見たことないし、観月の口から聞いたこともない。
悪戯くらいはしたことがあるかもしれないけど……子狐のすることだ、知らない知らない。

そんな守護霊キュウビはみんな見えてるというわけではなく、うちの家族の中だと観月と俺だけが見えているらしい。
今では慣れたものだけど、最初に見たときはすごく驚いたものだった。
頭の上に何やらもこもこしたキツネを乗っけた妹がいたのだ。推して知るべし。
キュウビはたいていいつもは定位置の観月の頭の上、ないし観月の近くにいるか、もしくはいないかだ。
守護霊なのにふらりといなくなったりする。
つまりキュウビだけを見かける、と言うのはなかなかに珍しいことだった。
キュウビ一人の時は姿を消しているのか、はたまた観月と一緒にいるときだけキュウビが見えるのか……
いや、部屋を訪ねてくるのなんて初めてのことだけど、今はキュウビがしっかりと見えているので後者の予想は無いだろう――

キュウビはそんな子だった。
今、廊下に立っているキュウビはつぶらな瞳でこっちを不思議そうに見上げている。
――とりあえず、俺に用がある様子なので部屋に入ってもらうことにしよう。
このままもし廊下に誰か来たら変に思われる気がするからだ。
体を避けて、キュウビが入っても良いよ。というように意志を示してみる。
ココン」
するとキュウビはとことこと俺の部屋へ歩いて入ってきてくれた。
ドアを閉めてみたけど、キュウビは特に反応せず。
信頼してくれてるようでよかった。

(続く)

拍手

連載:キュウビの話その1

ちょっと光明が見えたので試しを取っての連載
申し訳ないけど本文にインフルエンザをちょっとだけ足しました。
公式日記の2009年12月8日あたりからを読んでおくことをおすすめします。

========================

――…
――
カリカリ

……ん?」
ドアから何やら物音がするような気がする。
自室にて机に向かい、手持ち無沙汰に学校の授業のほんとに軽い復習と予習
もともとあったのかなかったのか定かでない集中が、ふと切れたところでその違和感に気づいた。
首だけをドアの方に向ける。
どうやら気のせいではなかったようだ。
誰かいるのかと思ったのだけど、それにしては音が小さく――
その音自体もノックしているという感じではなかった。

――チビ達の誰かが遊んでるのかな?
適当にそう予想をつける。
麗がインフルエンザにかかってから俺は立夏以下に会えなくなったので
遊び相手がいなくなって、そろそろ退屈になった子たちがこっそりと訪ねてきたのかもしれない。
俺も遊んでやりたいところだけど……
インフルエンザにかかってしまったら、それを思うと大事をとるしかない。
ううん、でも少し話をするくらいなら……
まあ確認しないことには始まらない事だ
椅子を回転させて、勉強を投げだしてドアに向かう。

――カリカリ
ドアの近くに来てわかった事
なんだかドアの下の方からひっかくような音がするのだった。
ということは、少々不自然な気はしたのだけど、俺の予想通りなのかもしれない。
こっちから一度ノックをして、
「誰?あけるよー?」
ドアを開ける際に巻き込んで怪我をさせても大変なのでゆっくりとドアを開ける。
開いたドアから見える廊下、そこにいたのは
予想よりも、ちびっこよりもちっちゃな珍客――

「キューン」
……え?」
キュウビがドアの前に片足を上げて
――まさに今ドアを引っかいていたような格好で
――
ちょこんと立っていたのだった。
「キュウビ!?」

「ココン!」

(続く)

拍手

プラグイン

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析