忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

織姫

「近頃暑い日が続いておるの」

わらわの目の前にキュウビを座らせて、ひとまずそんな事を話す。
突然呼び出しての時候のあいさつに、キュウビは「なんだろう?」と不思議な顔をしているのじゃが
フフ――
これを見て、どんな表情をするのかのう?

「そんな中頑張っているキュウビに――ご褒美じゃ!」

体の後ろに隠していた物をキュウビの前にぱっと広げて見せてみせる。
それを見たキュウビの目が、まんまるに見開かれて――

「わらわお手製の赤い前掛けじゃ!」

細く紐のように切られた赤い布、その丁度真ん中に付いている前掛け部分の赤い四角い布。
針も糸も使ってない、もとい使えなかったのじゃが……キュウビの前に広げられた一枚布の前掛け。
よくお地蔵様やお稲荷様にも着けられている、あれじゃ。

「どうじゃ?」
さっきまでぽかんとしておったキュウビは、今はもう体を乗り出して
鼻をいそがしそうに鳴らしながら、わらわが出した物が何であるかを確認しておった。
「コン!ココン!」
「フフ、気に入ってくれたようじゃの?」
「キューン♡」

キュウビの耳と尻尾がぴん伸ばして返事をする。
その喜びように、自然とこちらまで笑顔になる。
「うむ、良かったのじゃ♡」
うれしい気持ちと、ほっとした気持ちがわらわの心の中にじんわりと満ちてくる。

キュウビにご褒美と言っても、わらわがキュウビに贈れる物は限られておる。
例えば犬であったらおやつであったり、新しいおもちゃや首輪なのじゃが……
キュウビには何か特別なものをあげたくなっての。

「コォン、コォン!」
「これこれ、そう焦るでない」

前掛けを広げたままだったわらわの腕に、キュウビが両手を乗っけて催促してくる。
キュウビは早く付けてみたくて仕方が無いようじゃ。

「んしょ……」

キュウビに抱きつくようにして、首の後ろ側で紐を結ぼうとしてみる。
モフモフとしたキュウビの毛並みが柔らかくてくすぐったい。
蝶々結びはまだあまり慣れていないのじゃが――

「キュー、キュウン♪」
「む、動くでない」

「ンキュゥ」
「む、ちょっときつかったかの」

「これでどうじゃ?ほれ」
「ココン!キュゥゥン♪」
キュウビは飛び上がると、くるんくるんと宙返り。
体いっぱいに喜びをあらわして、ひらりと前掛けがなびいて――
うむうむ、よく似合ってるの。
「キュゥッ♡」
「これ、急に飛びつくでない!」
「キュキュー、キュウンキュウン」
「喜んでもらえたようでわらわも嬉しいのじゃ。しかし……んむ、顔を舐めるのはやめるのじゃ」
「キュゥン、ココンココン♪キューキュキュウン!」
抱きしめてやろうと思ったキュウビは、嬉しさのあまりに声が聞こえていない様子。
「分かったわぷ、これ!分かったから止めるのじゃ!」
「ココン♡」
「わざとじゃ!?」

(終わり)

拍手

PR

お日様の側で


「sunny side」
続き――



お兄ちゃんと久しぶりのお散歩です。
せっかくだからと、春風お姉ちゃんがユキのお散歩用のお洋服を色々と出してくれました。
お兄ちゃんにはちょっとだけ待ってもらって――
春風お姉ちゃんと一緒に選んだのは、爽やかな感じのセーラーカラーのワンピースと
それに――柔らかなピンク色の小さな花柄模様が入ったボレロでした。

そのお洋服に袖を通して、春風お姉ちゃんと一緒に鏡の前に立ちます。
「変じゃないですか?」
「ううん、ユキちゃんにぴったり。髪も結んでおいたほうがいいかしら?」
そう言ってお姉ちゃんはユキの髪を二つに結んでくれます。
「うん!ユキちゃんかわいい!」
「そうですか?ウフフ――春風お姉ちゃんありがとうございます!」
それを聞いて鏡の中のユキの顔は、ちょっとだけ不安そうな顔から、嬉しそうな顔に変わってしまいました。

春風お姉ちゃんにお礼を言って、待ってくれてるお兄ちゃんのところへ急ごうとします。
「それじゃあ行ってきます――」
「あ、待ってユキちゃん、忘れ物!」
忘れ物?
あっ、そうです――
お帽子を忘れちゃいけません!
春風お姉ちゃんに取ってもらった帽子を両手で抱えて、お兄ちゃんの所へと――
「まだ忘れてますよユキちゃん?」
「あれ、まだですか?」
お帽子もちゃんと持ちましたし……?
「もう、日焼け止めです!ちゃんと塗らないと大変なことになっちゃいますよ?」
春風お姉ちゃんはポケットから日焼け止めを取り出すと、そのクリームをユキの半袖の腕に薄く伸ばしていきます。
「気分が良く無くなったら直ぐにお兄ちゃんに言うんですよ?」
「はい、でも――今日はとっても体調が良いんです!」

――

――――

「車には気をつけてくださいね?」
「うん、行ってきます」
「行ってきます!」

久しぶりに出るお外は――なんだかユキの覚えてるお外とは何だか違って見えました。

今までずっと雨だったから――
雨で外に出られなくて、空のお日様の光が久々だからでしょうか?

さっきまで眺めていたお庭よりも、
ユキの目に飛び込んでくる景色全部が――
目が痛くなってしまうほどにまぶしくて、キラキラと輝いて見えました。
帽子をかぶっていても太陽の光は、壁に、道路に反射して――
ユキの目の中に飛び込んできます。

「とっても眩しいですね――」
「…なんだか曇ってた分まとめて太陽が光ってるって感じだよね。うん――今日はほんとにいい天気だ」

お兄ちゃんも眩しそうに――目を細めながらを空を見上げて、溜息をつくようにそう言いました。
ユキもお兄ちゃんの目線を追って、一緒に顔を上げます。

ユキたちの上にある綺麗な青色のお空は、やっぱり、ユキが思っていたよりもずっとずっと広く感じてしまいます。
このまま見続けていると、なんだかそのままユキの体が浮かんで空に吸い込まれてしまいそう――
お空の端っこにぷかりと浮かんでいる真っ白な雲だけが「ここは空だよ」と教えてくれていました。

「はい、ほんとにいい天気です」

お兄ちゃんの言うとおりにお日様があんまりにも眩しいので、つい顔の前に手をかざしてしまいます。
『手のひらを太陽に 透かしてみれば』
ユキの白い手ひらにも真っ赤に血の色が透けて――暖かいものが流れているのが分かります。
お日様の光は首筋を、半袖のユキの肌をチリチリと焼いて――
なんだかそれだけなのに、嬉しくなってしまいます。

「――上ばっかり見て歩くと危ないよ?」
「わっ、ごめんなさい」
慌てて顔を元に戻すと、苦笑交じりのお兄ちゃんの顔がありました。
「ほら、転ぶと危ないから手を繋ごっか?」
「ありがとうございます」
お兄ちゃんの大きな手――ユキの手をしっかりと優しく包んでくれます。
ユキはお兄ちゃんのこの手が大好きです。
「――お兄ちゃん」
「なに?」
「今日はありがとうございます!」
「どういたしまして――って、まだ出発したばかりじゃない」
「えへへ――それでもです」
「?……まあいっか、うれしそうだし」

先に家を出ていたヒカルお姉ちゃんやマリーちゃん達に会えるかもしれない、と言うことで、
お散歩の行き先はいつもみんなの遊び場になっている公園になりました。

ですが――
「んー…ヒカル達いないみたいだね」
お兄ちゃんが辺りを見回しながら、そう言います。
「でもユキ公園に来れてよかったです」
「そう?それなら良かった」

公園の中の並木道。
サクラの木がいっぱい並ぶ道をお兄ちゃんと一緒にお話しながら歩きます。
少し前は、綺麗でかわいいピンク色の花をたくさん付けていた枝は――
今は柔らかそうな緑色の葉っぱをお日様に向かって、いっぱいに広げていました。

そんな葉っぱをすり抜けて―ー
ユキたちの歩く道に木漏れ日が出来ていました。
葉っぱの影の中に出来た大きな灯りと小さな灯り。
ひゅうと風が吹いてユキの肌を撫でると、とっても涼しくて、ちょっとだけくすぐったくて、
葉っぱが揺れる度に――
まるで風と葉っぱも楽しくおしゃべりをしてるみたいに、木漏れ日の形が色んな風に変わっていきます。

ざわざわ。
さらさら。

頭の上で葉っぱの声がします。
――木漏れ日の道は、大好きな道です。

「お、シロツメクサがいっぱい咲いてる」
「どこですか?」
「ほら、あの辺り」
お兄ちゃんが指を指した先には公園の広場があって――
そこにシロツメクサの白いお花が広がっていました。
「わぁ、きれいですね――お兄ちゃん、あっちに行きませんか?」
「よし、ちょっと行こっか」
シロツメクサを見つけてちょっとやりたい事が出来ました。
レンガで舗装された道から外れて芝生が広がる広場に入ります。

広場はふわりと夏の草の香りがしました。
「んしょ……」
「?……ユキさっきから何してるの?」
「ちょっと待ってください……出来ました!」
ユキは作った“それ”を後ろに、お兄ちゃんに見えないように持ちます。
「あの――お兄ちゃんちょっとしゃがんでもらえますか?」
「こう?」
ユキのお願いに、お兄ちゃんはすぐに座ってくれました。
不思議そうなお兄ちゃんの顔とユキの顔が同じくらいの高さになります。
そのお兄ちゃんの頭へ――
「はい、プレゼントです!」
「――これは?」
「お花の冠です」
「ああ、なるほど――ありがとユキ」
「どういたしまして――ウフフ、お兄ちゃんとっても似合ってます」
「……そうかな?」
「はい、とってもです♡」
少し落ち着かなさそうでしたが、お兄ちゃんは喜んでくれたみたいでした。
良かったです!

「……そうだ、じゃあユキ、俺にも作り方教えてくれない?」
頭の冠をいじりながら、お兄ちゃんはそう言いました。
「お花の冠のですか?」
「うん、ちょっと作ってみたくなってさ。いい?」
「もちろんです」

――いつもはお兄ちゃんにいろんなことを教えてもらってるユキですが、
今日はユキがお兄ちゃんに教えてあげられる番です!

「えっと――それで、最後はこんな感じです」
「こうして、こう?……よし出来た!の、かな?」
「はい、完成です!」
自信なさそうなお兄ちゃんの表情が――少しだけ可愛くて
でもお兄ちゃんの手の上には、素敵なお花の冠が出来ていました。

「うん…こんな感じかな?じゃあこれは、はいプレゼント」
お兄ちゃんは自分の作ったお花の冠をしげしげと眺めると、それをユキの頭の上――帽子の上に、ぽんと乗せました。
急のことにユキはびっくりしてしまいます。
「ユキに、ですか?」
「うん、形が悪くて恥ずかしいんだけど……これのお礼にね?」
お兄ちゃんは、お兄ちゃんの頭の上のユキが作ったお花の冠を指さして言いました。
「えっと、やっぱりもっと上手く作ったほうが――」
「ううん!ありがとうございます!」
お花の冠をユキに――つくるのに夢中でちっともそんな事は考えていませんでした。
だからすごくびっくりして――どきどきしてしまいました!
「うん、良かった」
「――これはユキの宝物です♡」
「はは、そこまで言われると何だか照れるね」
「でもホントのことですよ?」
「……やっぱりもっとちゃんと作っておけばよかったかな」


「それじゃあ戻ろっか?」
「はい!」
風がひゅうと、お兄ちゃんとユキの周りを通って行きます。
宝物が乗った帽子を飛ばされないように押さえながら――
ユキとお兄ちゃんは一緒に、散歩の続きを戻りました。


――――

――

「……なんだ、それ?」
俺達よりも後に帰ってきたヒカルは、俺の頭のそれをを見るなり指して聞いてきた。
「……見て分かるだろ?」
「ああ、いや、聞き方が悪かった。オマエはなんでそんなの着けてるんだ?」
「なんでって……」

「変……ですか?」
「え?ユキ?」
ヒカルの声にユキがとことことやってくる。
――俺と同じように、頭に花の冠をのっけて。
「…これはユキが作ってくれたものだよ」
「ああ、なるほど――変じゃないよユキ、よく似合ってるじゃないか、なあ――?」
クツクツと笑いをこらえながらヒカルは俺を見ている。
会う姉妹会う姉妹の視線がこうして顔ではなく頭に向かって、その表情が変わるのを良く見れるのは、ちょっとだけ辛いけど――
それよりも、ユキの嬉しそうな表情が見られれば、それだけで十分だった。
ちょっとだけ辛いけど――

「ウフフ――お兄ちゃんとおそろいです♡」

(終わり)

拍手

明日の天気は?


コン。コン。
ホワイトルームのドアを軽くノックして、星花がひょこりと中を覗き込みます。
「観月ちゃんいますか?」
「あら、星花お姉ちゃま」
「どうしたのかの星花姉じゃ?なにか困っているようじゃが……」
部屋の中を見回そうとした星花の元に観月が声を聞いてやってきました。
観月は星花の顔を見上げると、何かを感じたのか不思議そうに聞いてきます。
星花はどきりとしてしまいます。
なぜなら、ちょうど――
「うん、実は観月ちゃんにお願いがあるんです」


(5月19日の日記)


「という訳で観月ちゃん、お祓いを――」
「心得たのじゃ!」
星花の言葉も言い終わらないうちに、観月はやる気いっぱいの声で返事をしました。
観月の目はぴかぴかと輝いていました。
「うむ、星花姉じゃはわらわにどんと任せるのじゃ!」
「ありがとうございます!よかったです!」
星花はほっと胸をなでおろします。これでひと安心――


「ふうん?なんだか、やけに張り切ってるわね」
「フフ――当然じゃ!久しぶりの晴れ請の祈祷じゃからの?腕が鳴ると言うものじゃ」
観月はわくわくっとした声で答えます。
そういえば――と、星花と真璃は張り切っている観月を見ながら思い出します。
最近は観月のそんなお祈りの姿を見ていなかったような――


「ふむ!では早速準備に取り掛かるとするかの、明日であるならば急がねばならぬ」
観月は腰に手を当ててむんと気持ちを切り替えると、急いで準備にとりかかります。
「あっ、星花も手伝います!」
「マリーはあんまりカンカン照りは嫌だけど――でも、星花お姉ちゃまのためなら平気だわ。
それくらい我慢するのが女王というものよ?」
「はい!にじもおてつだいする!」
「そらもー!」
「さくらも――」
気付くと、さくらに虹子に青空――星花の周りに妹たちが集まってきていました。
みんな星花お姉ちゃんの助けになりたいみたいです。
「みんな――ううっ、星花は感激です!ありがとうございます!」



空にお祈りするには空が一番良く見える場所が良いだろう、と言うことで
家の中で一番空がよく見える場所、リビングの大きなガラス戸の前には子供用の小さな机が運ばれて
その上にはお供え物として、星花の持っていたお菓子、水の入ったガラスのコップが置いてありました。
星花達で用意出来る精一杯の手作りの祭壇です。

――ひふみよいむなやこともちろらね

そこに向かって大幣をばさばさと振りながら、観月は言霊を紡いでいきます。
星花はその後ろで手を合わせながら一緒にお祈りをしていました。
(お願いします晴れてくださいお願いします!)
と何回も何回も心の中で、一生懸命に空に向かってお願いをしています。

――しきるゆいつわぬそをたはくめか

観月の綺麗な声で詠われる不思議な言葉。
朗々とした不思議なリズム。
星花にはその意味が良くわからないけれども、
なんだか“らしく”って、観月のお祈りの詩を聞くのは好きでした。

――うおえにさりへてのますあせえほれけ

そんな観月の詩が終わると――観月は祭壇に向かって深々とお辞儀をします。
あわてて星花も観月と同じようにぺこりとお辞儀をしました。
(晴れになりますようにっ!)
星花のたったひとつのお願いです。


「――ふぅ」
そして、お祈りも終わって、
観月の周りに漂っていた緊張感がふっと緩んで消えていきます。
「これで大丈夫じゃ」
星花の方を振り返った観月の額には小さな汗の玉が浮かんで、前髪が額にくっついていました。
「ありがとう観月ちゃん、後は――」


「星花ちゃん!持ってきたよー!」
静かな空気を換気するように、夕凪がどたどたという騒がしい足音一緒に部屋に駆け込んできます。
マリー達を引き連れて、その両手いっぱいに、てるてる坊主を抱えていました。


「んしょ……っと、これで全部かなぁ?」
「うん、それでおしまい」
窓に沢山吊るされて並んだ、いろんな顔のてるてる坊主
こうして眺めると、やっぱり壮観です。
「じゃあみんな一緒にね?――せーのっ」


みんなの声がひとつになって合わさります。

『明日晴れますよーに!』


そして、次の日――

(つづく)

拍手

6「くらいのは――その1」

性懲りも無くさくら日記風SSです。
さくらは難しいですね……
くらいシリーズは3部作を予定しています。
===========

まっくら

まっくら

よるは――まっくらでいっぱい。

おそともまっくら。
おうちの中もまっくら――

さくらのよく知ってるお部屋の中もぜんぜん違うふうに見えるの。
なんだかふしぎ。

でも――

まっくらだと、
さくらのおてても
お姉ちゃんのおかおも
お兄ちゃんのおかおもよくみえなくて――

グスッ

くらいのは

くらいのは――こわい。

なんだかこわいの――

おにいちゃんは、へいき?
さくらが見えなくてもへいき?

さくらは、や。
お兄ちゃんがちゃんと側にいてくれないと、や!

だって、だって、
おばけがいるから――

まっくらなとこには、こわいこわいおばけがいるの。
おへやのすみっこに、カーテンのむこう側に、
開けっぱなしにしちゃったドアから、おばけがじっとさくらを見てて――

さくらはお布団を頭まですっぽりかぶって
ぎゅって目をつぶって、
さくらはおいしくないおいしくないよって言うんだけど――
おばけの手がにゅるにゅる伸びてきて、
ぐるぐるさくらを捕まえちゃう――

うぇぇぇーん!

――お兄ちゃん。
あのね?
お兄ちゃんの側なら、さくらは大丈夫なの。

だから――お兄ちゃんのお布団に行っても、いい?

拍手

プラグイン

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析