忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あめのちはれ ところによりあらし

(5月20日の日記より)


「うぅ、もう食べられない……ケプ」
「夕凪ちゃんはしたないよ……でも星花も同じです…」


無理に夕ご飯をおなかに詰めたせいで、
ぐったりと調子の悪そうな声が部屋の中に落ちてこぼれます。
星花と夕凪は二人とも、自分の机につっぷしていました。
「夕飯前にあんなにお菓子を食べるからですよ――まあ、気持ちはわかりますが」
吹雪の少し呆れたような声が二人にちくちくと刺さります。
「だってぇ……」
「……」
重たくなった星花のおなかと――こころ
仕方がないとすっぱり諦めて、気持ちを切り替えようと思っても、
前々から楽しみにしていたことだけに、なかなかすっきりとした気持ちになれませんでした。
やけ食いも裏目に出てしまって――やっぱり、残念です。


「はぁ……アスレチックに行きたかったなぁ」
「……うん」

ぼんやりと星花は思い出します。

――遠足当日、今日の朝


星花はガラス戸の、てるてる坊主の向こう側を見上げていました。
お日様が眩しいはずの空には、どんよりとした雲が広がっていて、しとしとと、庭に雨が降らせていました。
これで遠足の行き先は、フィールドアスレチックから歴史科学館に――
「……はぁ」
自然にため息も出てしまうというものです。


それと反対に
「んもーっ!どうして!?」
夕凪はばたばたと腕を振り回して、不満を爆発させていました。
「うぅ~っ……」
こうやって暴れても、どうしようもないのは夕凪にもわかっていましたが、
それでも何かをしていないと気が済みませんでした。


「ごめんなさいなのじゃ姉じゃ……」
ぽつりと、観月がそんな事を言います。
「ううん、観月ちゃんは悪くないよ!」
星花は慌ててフォローをします。
観月ちゃんを気に病ませちゃうくらいにそんなにがっかりしてたのかな――


そんな事を思いだして、
おでこを机にぐりぐりとしながら、星花は自分をちょっと反省します。
やっぱり何時までも悲しんでるのは良くありません。


――今日は宿題も無いし
もうおふとんに入っちゃおうかな?
明日は土曜日、学校もお休みですし
きっと明日になればこんな気持ちともおさらばです――


そうしてやっと、星花がむくりと顔をあげたところに、
コン。コン。と
ドアが軽くノックされます。


「はい?」
「ちょっといい?」
「あっ、お兄ちゃん!?」
ドアを開いて顔を覗かせたのは兄でした。
ぐんにゃりとしていた星花は、ぱっと起き上がってぱたぱたと身だしなみを整えます。
「どうしたのお兄ちゃん…?」
夕凪は苦しそうに顔だけ兄の方に向けて返事をしています。
「あ、うん。二人とも今日は残念だったね…」
「はい……」
「それでなんだけど、もし良かったらなんだけど――」

「来週の土日にさ、みんなでアスレチックに行きたいなって思うんだけど、どう?」
「ほんとっ!」
ぐったりしてた夕凪が机から飛び起きます。
「うん、ほんと」
「行く行く!星花ちゃんも行くよね!」
「あ、もちろん行きます!」
びっくりしてしまいましたが、もちろん星花も行かないわけがありませんでした。
「やったやったぁ!お兄ちゃんありがとう!」
夕凪が喜びのあまり兄のおなかに飛びついて、ぐりぐりと頭を押し付けます。
星花もぴょんぴょんと飛び跳ねたいくらいに心は踊っていました。
さすがはお兄ちゃん様です!星花達のために――感激です!
「吹雪ちゃんも行くよね?」
「私も行きたいです――ですが」

「天気予報では来週末は雨だったような気が――」

「え?」
吹雪の言葉に星花と夕凪がきょとんとしました
そして、その数秒後――
「「えぇーーーーっ!」」
二人の絶叫が家の中に木霊しました。


「そんなそんな折角のお兄ちゃんとのお出かけなのに!」
「海晴お姉ちゃんのイジワル!」
「それは違うと思うのですが……」
「今から晴れの準備したら晴れになるかな!?」
「それだよ星花ちゃん!一週間もあるから夕凪のマホウで絶対晴れにできる!」
「そ、そうだよね!みづきちゃーん!」
「夕凪もとびっきりのマホウ考えないと!」
ばたばたと星花と夕凪は、慌てて部屋から出ていきます。
後には吹雪と兄が残りました。


「……行っちゃったね」
「兄さんは――晴乞いやてるてる坊主を信じていますか」
「ん……ノーコメントで。でもまあ、なんとかなると思うよ?」
「それはどういう事ですか?」
「週間天気予報の、しかも最後の方の天気は外れやすいからね」
「それには同意します」
それに――と兄は続けます。
「あの勢いだったら、雨雲を吹き飛ばして、きっと晴れに出来ると思う」
「――はい、私も少し、そんな気がします」


遠くからはドタバタとした音や声が聞こえてきます。
星花はまたホワイトルームに向かったのでしょう。
夕凪は霙にマホウを教えてもらいに行ったのかもしれません。
週末に向けての準備が忙しそうでした――

「――あ、しまった」
「どうしたのですか?」
吹雪が怪訝な声をあげます。
「いや、まだチビ達には言ってなくて――」
兄が言い終わる前に、パタパタとたくさんの軽い足音がそれを遮ります。
「フェールーゼーン!」
マリーの呼ぶ声が聞こえてきました。

「フフ――それは大変ですね、頑張ってください」
「うん、頑張るよ……」
小さな足音達はもうすぐそこです。


晴れよりも雨よりも先に――
騒ぎすぎで氷柱の雷が落ちるのは、もうちょっと後のことでした。

拍手

「くらいのは――その3」

吹雪語り部マリーSSといった感じです。
遅くなりました…
==========

「――もう、わかってないわ!」

静かな部屋の中にマリーの声が突然、キンと響きます。
それは同室にいた私の興味を、読んでいた本から惹きつけるには十分なものでした。
ふと顔を上げると、マリーは何かに向かって――ちょうどこちらからはマリーの背中しか見えませんでした――怒っているように見えました。

「どうしたんですかマリー?」
少し気になった私は、その背中へ向かって声をかけます。
「吹雪お姉ちゃま、これを見て!」
真璃は私の声にすぐにくるりと振り返ると、手に持っていた何かを勢い良く私に突き出してきます。
私のすぐ目の前、あと少しで衝突してしまうかという程の距離には、見覚えのある装丁と共に、綺麗な文字が並んでいました。

「……日記、ですか?」
驚いて固まってしまった体を動か、やっとマリーから受け取ると――
それは私の予想通りで、姉妹みんなで順番に、兄さんに向けて書く日記でした。
今日は確か、マリーの書く順番です。

「お姉ちゃま、そこを読んでみて?」
マリーは私にそう促すと、腰に手を当ててそっぽを向いてしまいます。
プンプンと言う擬音がそのまま似合いそうでした。

手元の日記の開かれている、一番最新のページ――
――この日記を書いたのは……どうやら、霙姉のようです。
一体霙姉は何を書いたのでしょうか?


霙姉の日記は――
いつも神秘的で、それでいて子どもっぽい内容の実に「霙姉らしい日記」だと思います
ですがそれだけに――子供には理解しにくい内容を内包していることが多いと思います。

「――その、マリーはこの日記の意味がわかったのですか?」」
一番最初に浮かんだ私の疑問に、マリーは首を小さく横に振りました。
「ううん、少ししか読めなかったわ」
「では、なにが――」
「だって」
マリーは私の言葉を遮ると――私の目をのぞきこんで
「だって、暗いのなんてちっとも楽しくないもの!」
身を乗り出すように、そう宣言をしました。

「……マリーは暗いのが嫌いですか?」
「嫌いよ!だってつまらないじゃない?」
仁王立ちのマリーは、当然だとでも言うようにぴしゃりと言い放ちます。
私も霙姉と同じように、どちらかと言えば暗い方が好きなのですが――
そう口にしてはいけないような迫力をマリーから感じてしまいます。

「暗いとせっかくのキレイなドレスも、かわいいお靴も――何も見えないじゃない!」
そんなのっていけないわ――と、つぶやくように真璃は言いました。
我慢出来ないとでも言うように、マリーの口から小さく漏れた言葉。
それだけでも、マリーの気持ちがとても良く伝わってきます。
マリーは傲慢なようで――
「それに、真っ暗なんてマリーに相応しくないもの――マリーはいつでも輝いて、みんなを照らしていないといけないもの」
時たま違った、好意的な印象を受けます。
これがカリスマと言うものでしょうか?
それとも私の――家族の贔屓目なのでしょうか。


「――それを兄さんに、日記に書いたらどうですか?」
日記をマリーに返しながら、私はそう提案してみます。
「えっ?」
マリーは思ってもみなかったのでしょうか、
怒っていたマリーは毒気が抜かれたように目を瞬かせ、きょとんとしています。
「――そうね。フェルゼンにもちゃんと教えてあげなきゃ!」
そして、参考にしてもらえたようでした。
マリーはそう意気込むと、小さな机に着いて日記に文字を書き始めます。
一生懸命に、精一杯丁寧に――

ああ
マリーは一体どんな日記を書くんでしょうか?
とても楽しみです。

「吹雪お姉ちゃま、~~ってどうやって書くの?」
「ああ、それはですね――」

拍手

7「くらいのは――その2」

みぞ姉日記風SSです。
みぞ姉はみぞ姉って略したいのだ。
=============

ふむ
当然だが――
どちらかと言えば、私は暗いのが好きだ。

チビたちのように、燦々と輝く太陽の下で元気に遊ぶよりは――
木陰の下
家の中
そんなところで本でも読んでいる方が性にあっているし、
夜の闇の中で思いを巡らしたりするのが好きだ。

暗い方が落ち着く――

……
光の届かない世界。
光がなければ何も見えない――
観測出来なければ、そこに物は存在しない。
――何も無い世界だ。

そして、その何もない闇の中に一人佇む自分――
それはまさに、宇宙に浮かぶ塵と同じだ。

そうだな、
オマエも夜寝る前に部屋の明かりを消して、じっと目を瞑ってみろ。
脱力して、何も考えずに――
……寝るなよ?

そうしていれば、次第に視覚でない他の感覚が鋭敏になってくる。
自分の内と外とが一つに溶け合って、
闇の中に自分がじわりと溶け込んでいくような穏やかな感覚――

これが明るいと感じ取れない。
怖がりな春風と違って、私が暗闇を厭うわけがないだろう?

ところが――
真の闇と言うのは存在しない。

この宇宙にも、
命を熱と光に変えて、周りへ振りまいている奴もいる。
そう、オマエみたいな――な。
オマエみたいな光は――
好きだ

嗚呼――
終末の日にはどちらで満ちるんだろうか?

全てを白紙に戻すような眩い白光か

それさえも消して飲み込む、一切の闇か?

気になる――

……
今から試してみないか?
オマエが勝つか、私が勝つか――

フフ――
遠慮はいらないぞ?

拍手

閑話休題

気の向くままに書いたそんな唐突な文
一話目?

拍手

[つづきはこちら]

プラグイン

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析