忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7「くらいのは――その2」

みぞ姉日記風SSです。
みぞ姉はみぞ姉って略したいのだ。
=============

ふむ
当然だが――
どちらかと言えば、私は暗いのが好きだ。

チビたちのように、燦々と輝く太陽の下で元気に遊ぶよりは――
木陰の下
家の中
そんなところで本でも読んでいる方が性にあっているし、
夜の闇の中で思いを巡らしたりするのが好きだ。

暗い方が落ち着く――

……
光の届かない世界。
光がなければ何も見えない――
観測出来なければ、そこに物は存在しない。
――何も無い世界だ。

そして、その何もない闇の中に一人佇む自分――
それはまさに、宇宙に浮かぶ塵と同じだ。

そうだな、
オマエも夜寝る前に部屋の明かりを消して、じっと目を瞑ってみろ。
脱力して、何も考えずに――
……寝るなよ?

そうしていれば、次第に視覚でない他の感覚が鋭敏になってくる。
自分の内と外とが一つに溶け合って、
闇の中に自分がじわりと溶け込んでいくような穏やかな感覚――

これが明るいと感じ取れない。
怖がりな春風と違って、私が暗闇を厭うわけがないだろう?

ところが――
真の闇と言うのは存在しない。

この宇宙にも、
命を熱と光に変えて、周りへ振りまいている奴もいる。
そう、オマエみたいな――な。
オマエみたいな光は――
好きだ

嗚呼――
終末の日にはどちらで満ちるんだろうか?

全てを白紙に戻すような眩い白光か

それさえも消して飲み込む、一切の闇か?

気になる――

……
今から試してみないか?
オマエが勝つか、私が勝つか――

フフ――
遠慮はいらないぞ?

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

プラグイン

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析