忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おにーのぱんつはいいぱんつ
つよいぞー、つよいぞー。

鬼のパンツというのは優れものじゃ。
柄は少々、わらわの趣味には合わないのじゃが、
100年たっても破れないばかりか――
鬼のパンツを手中に収めし者は、鬼の力を得ることが出来るそうじゃ。

それにはこの人ならざる鬼に打ち勝たなくてはいけないのじゃが――
勝ったからと言って、鬼の一張羅を取っていくというのはなかなか可哀想なことをするのう……
それに、鬼を倒せるほどの力の持ち主であればそんなパンツはいらぬと思うのじゃが、

ふむ……鬼の居ぬ間にでも洗濯物を盗んだのかの?
それも知略で鬼に勝ったということになるのかのう。

……

ところで兄じゃ。
そこでわらわは思ったのじゃが……

ひとつ試しに、キュウビにパンツを穿かせたらどうかのう?
そうして――
そのパンツをわらわや兄じゃが穿いたら、きっとすごい力になると思うのじゃ!

――む?
兄じゃは信じておらぬようじゃな。
そうは言ってもの、なかなか馬鹿に出来ないものじゃぞ?

兄じゃも付喪神は知っておるじゃろう。
わらわ達の使っている道具や、何でもない物が、
長く使っている間に霊が宿り、モノノケと化すものじゃ。

器物はの、使えば使うほど力を増す物――
わらわたちが触れた分だけ、
その歴史に裏付けされ、成長していくのじゃ。

それなら、キュウビが新しくパンツを穿くようになれば――
そんな風に、そのパンツに力が宿ってもおかしくは無いじゃろう?

そう思っての……
――フフ、見るのじゃ兄じゃ!
キュウビ用のふんどしを用意したのじゃ!

パンツかふんどしかなんて些細な問題じゃ。
こういうものは応用が効く物なのじゃ。

それに、わらわのパンツじゃキュウビには大きすぎる。
ふんどしなら、キュウビの大きさに合わせて作ってやれるからの。
という訳で――わらわ特製の手作りじゃ!
きっとかわゆいぞv

フフフ――v
そう羨ましそうな顔をしなくても、あとでちゃあんと兄じゃにも作るから、
安心するのじゃv

さて……
兄じゃ、キュウビを探すのを手伝ってくれぬかの?

なにやら急に姿が見えなくなってしまったのじゃが――
どこに行ったのかのう?


拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

プラグイン

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析