忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3「姉妹におけるシンメトリーとアシンメトリーの心理的効果について」


シンメトリー、対称とは心理学分野から言うと、
「静止・束縛・秩序・法則・厳密性・強制・威厳・静けさ」などのイメージを受けるそうだ。
その逆アシンメトリー、非対称では「運動・弛緩・偶然・生命・遊戯・自由」などのイメージを受ける。

これを踏まえて、「WHOLE SWEET LIFE」日記の吹雪紹介にある立ち絵を見てみよう。
吹雪は模様の無い簡素なワンピースを着ている。
一見シンメトリーに、整っているように見える。

シンメトリーから受ける印象の中に「秩序・法則」がある。
それらは吹雪が好んでいることだろう。
いつもの吹雪の日記から明らかだ。

しかし、吹雪は片足にリングを着けることによって意図的に自身のシンメトリーを破壊している。
長いリボンの形も偶然性を持つ不確定要素になるだろう。
先述したが、シンメトリーから受ける印象は「秩序・法則」
そして、アシンメトリーから受ける印象に「運動・偶然・生命」がある。
いつもの吹雪とは程遠いイメージだ。
これは意図的にアシンメトリーにすることによって、
ロボットのようだと揶揄される吹雪を人間たらしめるものになっているのではないだろうか。

少し想像して、比較をしてみて欲しい。
この立ち絵で足のリングがある吹雪と無い吹雪。
どっちがより人間っぽさを感じるだろうか?


そしてまた心理学では子供はシンメトリーを好み、大人はアシンメトリーを好む傾向がある。
子供は軸対称の絵が良いと感じるが、大人にはむしろ退屈に感じられる。

ここで、吹雪のひとつ上のお姉ちゃん、夕凪の立ち絵を見て欲しい。
夕凪の靴下は履き違えたのかと思うほど左右の模様も長さも違う。
ものの見事に非対称だ。

もう一度持ち出すが、アシンメトリーさには「運動・生命・遊戯・自由」などがある。
これは夕凪そのものだろう。
で、気分屋で思いつきで行動して、それですぐに怒られて。
とっても元気な女の子だ。

夕凪のそんな行動は子どもっぽいとも言えるだろう。
行動が大人っぽい吹雪と比べてしまえば如実だ。
しかしそれでも、夕凪は吹雪の姉でいられていると思う。
その理由の一つに、この服のアシンメトリーさが関係していると考える。

この夕凪の服のアシンメトリーさは夕凪なりのおしゃれな背伸びではないだろうか。
そしてそれが、夕凪の姉っぽさではないだろうか。

………
……

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

プラグイン

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析