忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5「さくらさくら」

観月SSです。
=======

――さくら さくら

のやまもさとも

みわたすかぎり――

む?兄じゃ。聞いておったのかの?
ふむ……どうじゃったかの?わらわの歌は――
上手かったかの?

フフ――

嬉しいのじゃ兄じゃ♥
またわらわの歌が聞きたくなったらいつでも言うのじゃ!

――この歌のように
見渡す限り桜の花が咲いておったら、それはどんなに素晴らしい景色かのう♥
わらわは兄じゃに肩車をしてもらって、そこを一緒に散歩するのじゃ!
うむ!
きっと、幸せいっぱいじゃぞ?

じゃが――

今年はなかなかお花見の天気に恵まえなかったのじゃ。
冬に逆戻りしたような寒い日が続いて、しまいには春の雪が空からちらりと下りてきて
姉じゃ達はわらわ達の服装をどうしようかと、気まぐれな天気にあたふたしているうちに――
桜はすっかり、散ってしまった。
――今はもう葉桜じゃ。

桜の下で酒宴をはる山の物の怪も、どこか悲しそうにしておった。

……。

口惜しいのう。
わらわも家族皆でするお花見を楽しみにしていたのじゃ。
薄紅に染まる満開の桜、涼やかな風がそれを散らして
その下で食べる蛍姉じゃの特製のお弁当――
重箱に入った甘い卵焼きが……

……むう、違うのじゃ兄じゃ!

花見は本来、端見と書くのじゃ。
端とは先触れの意味――
予祝のことじゃ。

何の予祝かと言うとの?
実はの、稲の豊作祈願の予祝なのじゃ。

サオリ、サツキ、サミダレ、サナエ、サヲトメ、サナブリ――そしてサクラ
すべて頭に「サ」が付く仲間じゃ。
この「サ」は神を意味していての、共に田植えの神事を行うべき期間を示しているのじゃ。

つまり花見には神をもてなすという意味もあっての
神と人とが飲食を共にし、酒を酌み交わし、芸能を行い神を楽しませる。
これが本来のお花見なのじゃ。

じゃから――
花より団子でも良いのじゃぞ?
もちろん花を見るのも良いことじゃ。
何事もほどほどが一番なのじゃ。

うむ。

それで、兄じゃはどっちを選ぶのじゃ?
花か、団子か――それともわらわか
どれが一番好きかの?

フフフ♥

兄じゃがわらわの事を選んでくれたら、わらわは兄じゃを想って歌を贈るのじゃ♥

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

プラグイン

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析