忍者ブログ

つりがね草

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある夜の出来事

リビングのカーテンを開けると、するりと冷えた空気が足元に流れこんできた。
じわりと、外の気温が窓から染みこんできたように、私の体温を奪っていく。
それと対照的に、部屋の明かりは窓から漏れて、庭の暗がりを切り裂いていた。
四角く照らし出された芝生には、私の長い影が無表情に張り付いている。

そして、そのまま窓から見上げると、夜空にはのっぺりとした一様の壁があった。
――闇だ。
星の灯火も、月の明かりも何もない、完全な闇だ。
宇宙に広がる闇とは違う、こちらを押し潰してきそうな圧力を感じる闇がそこにあった。
「ふむ……」
きっと空には厚い雲がかかっているのだろう。
ああこれは、もしかしたら、本当に――
「本当に雪が降るのかもしれないな……」
そんな言葉が口からこぼれる。


「あら霙ちゃん――明日は雪なんか降らないわよ?」
そんな私の独り言に海晴姉が返事をした。
空へ向けていた視線を切って振り返ると、海晴姉はソファに深く腰掛けて、
のんびりとお気に入りの雑誌に目を通していたようだった
「確か……『東京上空には雲ひとつ無い、綺麗に透き通った青空が広がるでしょう』だったかしら」
そのまま、わざわざテレビ用の声を作って海晴姉は言う。
――職業病だろう、天気のことには口を挟まずにいられないのだ。
「ふむ、でも分からないぞ?なんせあの――」
「夕凪ちゃんがいい点取ったからでしょう?90点台だなんて……夕凪ちゃんもやるときはやるわね!」
これで勉強が好きになってくれると嬉しいんだけど――と、海晴姉は少し嬉しそうに苦笑して。
「でもだからって雪が降るとは限らないでしょ?それだったら日本中毎日雪じゃない」
夢の無いことを言う……
だが、まあ、つまりはそういう事だ。
あの夕凪がテストでめったに取らない良い点を取ったから、「明日は雪かもしれない」と言うこと、それだけの話。

それでも――家の中は大騒ぎだった。
夕凪はテストの答案を持って、あちこち走り回っては目に入った家族を捕まえて自分の点数を自慢していた。
むろん私にもだ。
今日は取っておきのどら焼きでもおやつに食べようかと思いながら家に帰ると、
夕凪が走りこんできて「霙お姉ちゃん見つけたっ!」って叫んで、何事かと思ったら――それだ。
最初に見た時は流石に吃驚して、夕凪の頭を撫でてやった……が、ああ何度も見せられてもな……
でも、あれだけ自慢してて嫌味っぽくならないのは一種の夕凪の才能だろう。
もし氷柱だったら、こうは行かない――

話が逸れた。
私が雪が降るかもしれないと思ったのは、夕凪のテストがあったから。
根拠も何もあったものじゃない――
むしろ色々裏付けのある海晴姉の言のほうが信用できるだろう。
しかし、私はまた――夕凪のテストの点数にも奇妙な信頼を抱いていた。
今まで起こらなかった事が起こりそうな、そんな気がするのだ。

「海晴姉の言っているそれは――あくまで予報だろう?」
「まあ……そうね」
海晴姉は雑誌を閉じて、私に目を向けた。困ったような、不服そうなそんな表情をする。
「なら外れる可能性だってあるはずだ、私は明日は雪が降ると思う」
「ふぅん……じゃあ、賭けてみる?」


「――乗った。何を賭けるんだ?」
「うん……えっ、ほんとに?」
「なんで持ちかけた方がそんな意外な反応をするんだ」
「だって……ね?」
そう言って海晴姉は横を向いて、たった今リビングに入ってきた妹に同意を求めた。
その視線を目で追う。
「――賭け事は良くないですよ?」
「聞いてたのか」
そう言って私達をたしなめたのは蛍だった。
手には銀の盆を持って、その上には麗が壊してしまった代わりに新しく買ってきた、海晴姉お気に入りのティーセットが並んでいた。
カチャリと陶器の小さな音が聞こえ、部屋の中に淹れたばかりの紅茶の芳しい香りが広がっていく。
お茶が入りましたよ、と蛍は紅茶を給仕して、
ありがと蛍ちゃん、と海晴姉はカップを受け取る。
――私もテーブルに付くとしよう。
「大丈夫よ蛍ちゃん、絶対に私が勝つから」
「それでもです!――えっと、それで、何で賭けてるんですか?」
「明日の天気」
「……」
「ね?」
「はい……」
――何だ何だ。
海晴姉は勝ち誇った、満足したような表情で美味しそうにカップを口元に運び、
蛍は気の毒そうな顔で、ちらりと私を見た。
なんだか――癪にさわる。
「――何を賭けるか決めてなかったな、私はどら焼きを賭けよう。取っときの奴だ」
「えっ、それじゃあ霙お姉ちゃんの折角のおやつが無くなっちゃうじゃないですか」
「賞味期限切れなんか出してきたら逆におやつ抜きにしちゃうんだから」
「二人とも失礼な……それで、そっちは何を賭けるんだ?私は秘蔵のを出したんだからそっちもそれなりのものじゃないと困る」
「そうねぇ――じゃあ私もどら焼きにしようかしら、それも新しく買ってきてあげる♥」
「ふん――高いのを買ってやるから覚悟するんだな」
「はいはい」
何を買わせようか、駅前のあれじゃあもったいない。ここは遠くまで足を運んであそこの――
「……えっと、その」
「――何だ?」
「あの……おかわり要りますか?」
「いただきます」
「頼む」


(おわり)

拍手

PR

べびプリ祝3Dアニメ化!

BabyPrincess3Dアニメ化おめでとうございます!」

「おめでとうなのじゃー!」

「コーン!ココンココンコーン!!」

「いやぁアニメ化まで長かったなぁ。三倍濃縮還元されたような甘い一年だった気がする」

「うむ、わらわも姉じゃ達も、ついに「あいどる」となるのじゃな」

「アイドルとはちょっと違うと思うけど……まあ似たようなものか」

「兄じゃもアイドルになるのじゃろう?「せんたーはいけめん」とか言っておったしの」

「うん……俺の姿は…どうなってるんだろうね………?」

「き、急にどうしたのじゃ……?」

「なんでもないよ?ささいな事だよ……?」

 

「でも3Dアニメってどんな感じなんだろ、実を言うと俺はまだ3Dテレビの実物見たことないから見当がつかなくて」

「なんじゃ、兄じゃは知らないのかの?」

「えっ、観月知ってるの?すごいな」

「ふふん、すりーでーはの、こう赤色と青色のメガネを掛けてじゃな……」

「待った観月、それも3Dだけど3Dちょっと違う」

「むぅ?兄じゃも変なことを言うのう……」

「まあ幼稚園くらいだとそんなものだよね俺もやったし……まあとにかく色眼鏡じゃなくて普通の色で見えるみたい」

「なんと、モノノケの仕業じゃな!」

「キュウン!」

「写真撮られると魂が抜けるみたいなアレだよねその反応」

 

「でも同じようなモノノケをわらわは知ってるのじゃぞ?」

「そんなのいるの?」

「うむ、例えばじゃな、キュウビがテレビに向かってととんと駆け出すじゃろ?」

「クーン?」

「うんうん」

「すると飛び出したキュウビは――そのどこぞの幽霊みたいに、そのまま本当にテレビからポンっと出てくるのじゃ!」

「ココン!?」

「みんなびっくり、キュウビの可愛さに腰を抜かすのじゃ♪」

「キュウン、クーン♪」

「うむ!そうとなればキュウビの身だしなみもちゃんと綺麗にしておかないとの?」

「ココンココン!コーンキュウンキュキュココン!」

「…ところでさ」

「む?」

「キュウビってさ……カメラとかテレビに映るの?」

 

「キュッ!?」

 

突然首を絞められたような声を出して、観月と一緒になって喜んでいたキュウビの動きがピタっと止まった。

「な、何を水を差すような事を言うのじゃ兄じゃ!」

「え!?いや、その、気になって……」

「……キュウン?」

「いや大丈夫じゃぞキュウビ!兄じゃが意地悪なだけじゃ」

「キュウン?キュウン?」

「うむ、ちゃんと映るから大丈夫じゃ、よしよし」

(ほら、兄じゃも!)

「ぇあ、うん、ごめんキュウビ……設定資料にもキュウビの姿描いてあったから大丈夫!出番あるよたぶん!」

「……グルル」

 

「拗ねちゃいました……」

「まったく兄じゃは……何かで機嫌をとるしか無いのう」

「何かって…油あげとか?」

「……コン」

「ふむ、そうじゃなきつねうどんとか……いやもう大晦日じゃから――」

「じゃあきつねそばで年越しと行きましょうか」

「……コンッv」

 

「それでは、来るべきみんなとの一年が幸せな一年になる事を願って!」

「我ここに祈念して恐み恐み申す――」

「――ココン!」

「「いただいきます!」」

 

(来年へと続く)

作:竹取

拍手

イチョウの実

マリー日記風SSです。
ちょっと時期早めかも。
=====

じゅういちがつ。

外で遊んでるとほっぺがまっかになっちゃったり
幼稚園には風邪をひいて休む子がいたりして――
すっかり寒くなってきたわね。
フェルゼンは風邪なんかひいちゃ駄目よ?
マリーとフェルゼンが愛を語らう時間がなくなってしまうもの。

――あ、そうそうフェルゼン。
愛といえばね?
あのね、マリーたち二人にぴったりのデートスポットを見つけたの!

落ち着いた雰囲気の公園で、
イチョウ並木の落ち葉が公園の土を隠すように広がってて――
まるで一面の黄色い絨毯みたいになってて。


あら――
素敵じゃない?
マリーにぴったりの綺麗なイエロー。
――思うんだけど、マリーって黄色が似合うと思うの。
上品な感じで、ひと目で気に入っちゃった。

フフ。
でもでも、まだ足りないわ?
ここには誰もいないもの。
そう――この景色には主役がいないわ。

主役はもちろん――

ねえフェルゼン?
マリーの手を取って、一緒に踊りましょう――
ちゃんとリードしてね?


って、思って――
その黄色い広場に入ったら
急に周りから、いやーな匂いが……

もう!なんなの!
くさいくさいくさい!
折角の景色が――ダイナシだわ!

せっかくあんなマリー様のために用意された場所なのに
あんなくさい匂いで――
まるでマリーがクサイって言われてるみたい。
シツレイだわ!
ねえフェルゼン、そう思うでしょう!?

そうやって怒ってたら

あれは「ギンナン」って言って
茶碗蒸しの中とかに入っている、あれだって――
観月が教えてくれたわ。

……

びっくりしちゃった。
あんなにくさいのが茶碗蒸しの中に入ってる、美味しいものだったなんて。

ケーキだってふんわりあまーいいい匂いで――
当然味も、とっても甘くて惚れ惚れするくらいに美味しいじゃない?

いやな匂いのものはいやーな味がするし……

ふうん――
なんにでも取り柄ってものはあるものね?

だからといってあの匂いが許せるワケじゃないけど。
……ガマンくらいは、してあげてもいいかしら。

ね、だからフェルゼン。
一緒にあの公園に行きましょう?

そうだわ――
フェルゼンの服はマリーがコーディネートしてあげる。
……あら、ちゃんと季節に合わせたコーディネイトをするわ?
フェルゼンに風邪をひかれたら困るもの!

フフ――
フェルゼンったら光栄ね?

拍手

栗と芋

みぞ姉SS
色々考えてみたけどこういうのになる自分がくやしい。
=====

拍手

[つづきはこちら]

プラグイン

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析